Aセク、パパになる

恋愛感情・性的欲求を他者に抱かない「Aセクシャル」が、結婚して父親になります。自分なりの幸せを見つけて、実現する過程を書き綴るブログ。

これは恋愛感情か他人への単純な興味か -いちさんへの回答-

なかたつさん初めまして、いつもブログを拝見しております。
私は自身がアセクシャルだと思いますがそう言い切れるかと言われると自信がありません。というのも、恋愛感情と他人への興味の違いが分からないからです。
以前、自分との思わぬ共通点からとある人(Aさんと置きます、異性です)がどんな人なのか気になり、自分から連絡先を追加して数ヶ月間チャットを続けていました。何度か2人で遊びにも行ったし誕生日にもプレゼントを渡しあったりしました。Aさんには「私はあなたに恋愛感情を抱いているわけではない」ということを伝えた上で仲のいい友達としていましたが、次第にAさんがどんな人なのわかっていくにつれて以前のように遊びに行ったりチャットをしようという気が失せて行きました。Aさんの人柄に幻滅したわけではなくてむしろいい人だと思うのですが、Aさんのことを大体知ってしまったので興味が失せた感じです。加えて、興味が失せてしばらくした頃にAさんが自分に向け始めた好意(友愛的か恋愛的かはわからない)を少し気味が悪いと思ってしまったのもあります。Aさんも私に恋愛感情はないと言っていますが、好意を向けられて感じる気味の悪さが所謂恋愛感情を向けられているとわかった時(告白された時とか)に私が感じるものと同じで、多分Aさんは私に恋愛感情を抱いています。
このことを私がアセクシャルだと知らない友人に話してみると「それって恋愛感情が冷めたってことじゃない?」と言われました。しかし私は恋愛感情がいまいちよくわからないので友人の言葉の真偽がわかりません。Aさんへの興味と同じ種類のものならいろんな人に抱いたことがあるし、そこから友達関係で続いている人も多いです。それに一度気味が悪いと思ってしまったらもうプラスの感情に挽回することはないのでAさんとはもう距離をおきたいですが、異性なのでもし本人から恨まれたら怖いです。好奇心が先走ってこんな最後になる可能性すら想像できなかった自分の軽率さが嫌になります。
なかたつさんから見てこの現象は恋愛感情の冷めだったと思いますか?


>>いちさん
コメントありがとうございます!


"なかたつさんから見てこの現象は恋愛感情の冷めだったと思いますか?"
恋愛感情の冷めだとは思いません。ただ、Aさんへの興味が失せただけだと感じます。


たしかに、恋愛感情と他人への興味というものは、どこか共通したものがあるでしょう。
というより、「恋愛」というものも他人への興味の一つ。ただ、他人への興味がいつも「恋愛」とは限らないから難しいのだと思います。


一般的に、異性への興味は全て「恋愛感情」として片付けられてしまっています。
だからこそ、友人は「恋愛感情が冷めた」と思われたんだと感じます。
そして、Aさんもいちさんに対する好意や興味が「恋愛感情」だと勘違いしたのかもしれません。


恋愛感情を他者に抱ける人は、恋愛感情を抱かない人の感性を理解できません。
恋愛感情を抱かない人は、恋愛感情を他者に抱ける人の感性を理解できません。


それは仕方がないことです。


ただ、この世の中では恋愛感情を他者に抱ける人が多数派です。
なので、恋愛感情を他者に抱かない人は肩身の狭い思いをすることでしょう。
それはアセクシャルやアロマンティックな性質を持つ人は誰しもが感じることです。


時には、相手の感性を理解できずに「気味が悪い」と感じることもあるでしょう。相手からの感情を受け入れられずに逃げたくなる時もあるでしょう。


そんな自分に自己嫌悪を抱く人もいます。
逆に恋愛市場主義な世の中を忌み嫌う人もいます。


否定はしませんが、おすすめもしません。
どちらも問題解決には至りませんから。


ただ一つ、恋愛感情を他者に抱ける人とは「住む世界が違う」ということを知って理解しておけば気は多少なりとも軽くなります。


もし、逃げたくなったら気にせずに逃げてもいいし、無理に相手を理解しようとしなくてもいいと思います。
自分は「こういう人間なんだ」と自分を肯定的に捉えることをおすすめします。


さて、話が飛んでしまいました。
改めていうと、いちさんのAさんに対する感情は、ただの「興味の喪失」だと思います。


参考までに。