Aセク、パパになる

恋愛感情・性的欲求を他者に抱かない「Aセクシャル」が、結婚して父親になります。自分なりの幸せを見つけて、実現する過程を書き綴るブログ。

恋愛感情がよく分からないが強い憧れはある。これはアロマンティックなのか? -斉藤さんへの回答-



f:id:nakatatsu1990:20200418223413j:image

はじめまして。
私は女子大生です。
自分ではアセクシャルやアロマンティックなのか判断できず悩んでいたところ、なかたつさんのブログを拝見し、コメントいたしました。
 

私は小さい頃から少女漫画や恋愛ドラマなどが好きで、ずっと恋愛に対して憧れを抱いていました。
少女漫画のヒーローやかっこいい俳優さんに対する恋愛感情に似た憧れもあります。
自分に置き換えて妄想して、キャーキャーしたりもよくしていす。
人より恋愛に対する憧れは強いと自分では思っていたのですが、中高女子校で出会いがなかったため、恋愛とは無縁な6年間でした。
進学した大学は男女比が7:3位の学校で、正直恋愛をするにはうってつけの場所です。
今まで彼氏がいたことがないので、進学した直後は彼氏をつくるぞ!と意気込んでいました。
入学してから1、2ヶ月後、なんとなく気になる人もできました。
「付き合うなら優しくて、真面目で、スタイルが良くて…」といった私が友達などに前から話していたタイプにとても当てはまる人でした。
ラインを交換し、2ヶ月くらいやりとりをして、もっと仲良くなりたいと思い、思い切ってデートに誘いました。
ただ、その人のことはまだ気になっている程度で、好きかどうかはわからないと思っていて、そのことを友達に話したら、「1度遊びに行けば好きかどうかわかるよ」と言われ、このデートで自分がどう思うか試してみようと思いました。
実際、デートに行ってみると、相手も私も人見知りで少し気まずい時間もありましたが、楽しく過ごせました。ですが、恋愛的なときめきを一切感じませんでした。
その時は、この人のことは恋愛的な意味で好きではなかったんだなと、ただ思っただけでしたが、それ以降、彼氏が欲しいという気持ちは変わらずあるのですが、好きな人がいっこうにできません。
気になる人は別にできたのですが、その人も私のタイプのまんまの人で、その人自身が気になるのか、その人が私のタイプに当てはまっているから気になるのか考えていました。
そのうち、恋に恋しているだけで、本当に好きな人はいないし、いたこともないことに気づきました。
思い返すと、芸能人に対する「好き」は恋愛感情ではないし、小学生の頃の、足が速いから好き、も本当の恋愛感情とは言えない気がします。
友達が言うような本当の意味での「好き」を今まで感じたことがないし、よく分からないと、ふと思いました。
無性愛者という言葉は前から知っていて、もしかして自分も無性愛者なのではないかと思い、インターネットで色々調べました。
アセクシャル、アロマンティックという言葉が出てきて、その方々の体験談なども見ましたが、自分に当てはまる部分と当てはまらない部分があり、自分はそこに属しているのか分かりません。
恋愛感情がよく分からない、今まで人に恋愛感情を抱いたことがない、というところは共通しています。
恋愛に対して強い憧れを抱いている、恋愛感情なのかは分からないが気になる・憧れている人はいたことがある、好きな人・彼氏がもしできたら性交渉をしたいと思っている、といったところは共通していない気がします。
 

長々とすみません。
私はアロマンティックやアセクシャルなのでしょうか。
返信、いただけると嬉しいです。


>>斉藤さん
コメントありがとうございます!


そうですね。
"恋に恋しているだけで、本当に好きな人はいないし、いたこともないことに気づきました。"
ご自身でも気がついている通り、まさにこれだと思います。
もはや、恋がしたいのか、彼氏が欲しいのかも分かってない気がします。


"彼氏が欲しいという気持ちは変わらずあるのです"


なぜ、彼氏が欲しいのでしょうか?


恋愛ドラマに登場する同い年くらいの女子や斉藤さんの友達が、彼氏を作り恋愛をしているから、自分も欲しいと思ったのではないでしょうか?


"「付き合うなら優しくて、真面目で、スタイルが良くて…」"


なぜ、優しくて、真面目で、スタイルの良い人に恋をするのだと思ったのでしょうか?


恋愛映画や少女漫画で、主人公が好きになるタイプが「優しくて、真面目で、スタイルが良い」からではないでしょうか?


人は小さな頃から恋愛コンテンツに触れます。
恋愛ドラマ、恋愛漫画、恋愛ソング、恋愛話。
一年で恋愛コンテンツに触れない日はないと言っても過言ではないと思います。
そして人はいつの間にか暗示にかかるのではないでしょうか。


「自分も恋愛をしなければ」「自分も年頃になったら恋をするものだ」「自分も恋愛感情を他者に抱くことができる」と。


実は、この世に「恋愛感情を抱ける人」というのはそう多くないのだと、自分は勝手に思っています。
しかし、多くの人は暗示によって、「自分も恋愛できる」と勘違いしているのでしょう。


別の感情を恋だと錯覚したり、恋人のいない人を軽侮したり、あるいは恋愛のできる人を羨ましく思ったり逆に憎ましく思ったり。


周りに置いていかれない様に。普通であるために。
強迫観念にも似た感情が腹の底で蠢き、人を恋愛市場へ駆り立てるのではないでしょうか。
僕はそう思っています。

 


さて、斉藤さんがアセクシャル、アロマンティックかどうかですが、


"恋愛に対して強い憧れを抱いている、恋愛感情なのかは分からないが気になる・憧れている人はいたことがある"
"好きな人・彼氏がもしできたら性交渉をしたいと思っている"


と、いうのは、直接的にアセクシャル、アロマンティックであると判断するのに必要な情報ではありません。


"恋愛感情がよく分からない、今まで人に恋愛感情を抱いたことがない"
という情報だけを見れば、斉藤さんはアロマンティックでしょう。


セクシャリティは流動性を持つと自分は思っているので、未来永劫そうであると決まっているわけではないですし、そこに固執してほしくはないですが。

 


"好きな人・彼氏がもしできたら性交渉をしたいと思っている"


というのが、「経験」として行為をしたいと思うのか、自分の性的欲求を解消するために彼氏と性行為を行いたいと思うのか、はたまた好きな人に対して性的欲求が生まれるのかどうかで、判断が変わってくるかと思います。


アセクシャルは「他者に対して性的欲求を抱かない」という定義です。
ですが、「性的欲求を抱く」という部分の定義は明確にはなっていません。(まぁ、そもそもアセクシャルの定義も明確ではないですが。。。)


自分の中だけの定義では、他者が影響して性欲(ムラムラ感)が発生する、もしくは性欲が増幅する状況を「他者に対して性的欲求を抱く」としています。


自分がもしこの状況になれば「アセクシャル」というラベルを外そうと思っています。が、未だに自分を上記のような状況にさせる対象とは出会っていません。


結局は、アロマンティックやアセクシャルを名乗るのは斉藤さん次第というわけですが、アセクシャルを自認している人の多くは、性嫌悪があったり性行為をしたいと思っていない人ばかりなので、もしかしたら居心地は良くないかもしれません。

 


あと、一言いっておきますが、
恋愛感情のない関係性ほど、気楽で、穏やかで、柔軟で、強固なものはないと思いますよ。


もう一度、斉藤さん自身が何を目的として、
恋がしたいと思うのか、彼氏が欲しいと思うのか、またアロマンティックやアセクシャルの判断を求めたのか、


周りの目や声は一旦シャットアウトして、じっくりと考えて見てください。


以上、参考までに。